越後湯沢温泉『湯けむりの宿 雪の花』へ宿泊☆ブログ旅行記│【サービス・お風呂・食事編】

越後湯沢【雪の花】宿泊ブログ 越後湯沢
この記事は約8分で読めます。
ナツ
ナツ

本記事では
【湯けむりの宿 雪の花】の「サービス・お風呂・食事」について詳細を書いていきます

【料金・館内・客室・アメニティ】の詳細はこちら↓

あわせてご覧ください♪

スポンサーリンク

越後湯沢【雪の花】サービス

雪の花には【料金・館内・客室編】でご紹介した「無料のウェルカムドリンク・浴衣貸し出し」の他に

「アイスキャンディー、ドリンク、夜鳴きそば」のサービスがあります。

アイスキャンディー・ドリンク

最上階の「湯上り処」に

越後湯沢【雪の花】館内「湯上り処」

アイスキャンディ(ミルク・チョコレート)

越後湯沢【雪の花】サービス・アイスキャンディー

ドリンク(乳酸菌飲料)の無料サービスがあります。

越後湯沢【雪の花】サービス「乳酸菌飲料」
提供時間

・15~25時│アイスキャンディ
・翌朝5~10時まで│乳酸菌飲料

ナツ
ナツ

アイスはミルク味が人気でした!

越後湯沢【雪の花】サービス・アイスキャンディー

夜鳴きそば

越後湯沢【雪の花】夜鳴きそば

夜は、同じく「湯上り処」で夜鳴きそばの提供をしていました。

 提供時間

22時~22時45分まで

味は、「醤油・生姜醤油味」の2種類です。

越後湯沢【雪の花】夜鳴きそば

1人前はない量(少な目)になっているので、おかわりされている方も何人かいらっしゃいました。

ナツ
ナツ

感染対策のためか
部屋に持ち帰って食べるのもOKだったので、私たちは部屋でゆっくり頂きました。

味も美味しかったです♡

分からなくならないように、スタッフさんが生姜醤油味の方(写真右)に生姜を乗せてくれました^^

越後湯沢【雪の花】お風呂

大浴場

越後湯沢【雪の花】大浴場

大浴場も最上階にあります。

利用時間

15時~翌10時まで
※3時~4時間は点検があります
※サウナ│1時~5時は停止

バスタオル・フェイスタオルは用意されていないので、部屋に用意されている籠バック(お風呂セット)を持って行きます。

ナツ
ナツ

脱衣所は部屋数の割には少な目でしたが、問題なく利用できました

※全て鍵付き

ベビーベッドも1つあります。

洗面所は5つあり、雪肌精の化粧水・乳液・洗顔フォーム・クレンジング、ヘアゴム、ヘアキャップ、ブラシ、ティッシュ、綿棒、ドライヤーが用意されていました。

【大浴場】内湯:夜・畳敷きに天井は木のぬくもり感じるモダンな雰囲気に、光とどく街の夜景を見下ろす。
出典:じゃらん公式サイトより

大浴場も畳敷きになっていて、洗い場(8つ)は仕切られています。

お風呂の種類

・内湯
・寝湯
・ラジウム湯
・薬湯
・白湯
・水風呂
・露天風呂

ナツ
ナツ

サウナは「ドライ・ミスト」の2種類です

山々を望みながらする湯浴みはまた格別
出典:じゃらん公式サイトより

露天風呂にも寝湯があり、ゆっくりくつろぐことができました。

温度も丁度よかったです♪

貸切風呂

ナツ
ナツ

貸切風呂には洗い場がないので、体を洗ってから向かいます☆

※無料・予約不要

利用時間・種類

14時~翌10時まで

 ・檜(ひのき)風呂
 ・岩風呂
 ・陶器風呂

越後湯沢【雪の花】貸切風呂

入口に案内板があり、利用中はランプが点灯します。

ナツ
ナツ

私たちが行ったときは空いていなかったので、入口にある椅子に座って待ちました

ランプが消えたら、用意されている下駄を履いて一度外に出ます(屋根有)

ほんの少し歩くと、手前から「檜、岩、陶器風呂」がありました。

越後湯沢【雪の花】貸切風呂

檜風呂

越後湯沢【雪の花】貸切風呂

岩風呂

越後湯沢【雪の花】貸切風呂

陶器風呂

越後湯沢【雪の花】貸切風呂
ナツ
ナツ

陶器風呂が一番小さく、岩風呂が一番広かったです

脱衣所には、脱衣カゴ(2つ)、洗面台、交換用のバスマット

ヘアゴム、ヘアキャップ、綿棒が用意されています。

※ドライヤー無し

客室風呂(天然温泉付)

越後湯沢【雪の花】部屋「お風呂」

客室風呂は天然温泉の出る部屋を選びました。

お風呂のサイズは、1人でゆっくりは入れるくらいの大きさ。

お子さんとなら一緒に入れそうです^^

【客室風呂の補足情報】
ツイン、ダブル
 →シャワーブースのみ、浴槽無し

風呂付 トリプル以上
 →檜風呂付(沸かし湯)

温泉付 トリプル以上
 →檜風呂付(温泉

特別室
 →露天風呂(温泉

ナツ
ナツ

特別室のみ、露天風呂になっています

お湯は「湯張りボタン」を押して自分で張ります。

ナツ
ナツ

お風呂に付いている蛇口をひねると水が出るので、熱い場合は調整もできますよ♪

ブラインドは上ることも可能ですが
建物が見えて気になったので、明るさ調整だけして朝は入りました。

ナツ
ナツ

チェックアウト ギリギリまで温泉を楽しめたので、温泉付の部屋にしてよかったです

越後湯沢【雪の花】 お食事

夕食「和食会席」

ナツ
ナツ

夕食は
1Fにあるお食事処「雪譜庵」で「和食会席」をいただきます

 夕食時間(2部制)

17時30分~ / 20時~
※チェックイン時(受付順)に希望の時間を聞かれます

私たちは夜鳴きそばも食べたかったので、夕食は17時30分~にしました。

ナツ
ナツ

20時~(後半)の方には
帳場階に夕食前のおしのぎ「笹団子」が用意されます。
20時まで待つとお腹が空いてしまうので、嬉しいサービスですよね♡
※利用時間:18時~19時

入口を入ると「利き酒処」

「お米を炊く大釜」がありました。

ナツ
ナツ

朝食は、この大釜で炊いた魚沼産コシヒカリが食べられますよ♡

席は完全個室ではありませんでしたが、個々に仕切られていたのでゆっくり食事ができました。

席に着くと
担当のスタッフさんから“利き酒チケット”を渡されたので、早速「利き酒処」へ向かいます♪

本日の利き酒は「八海山 魚沼で候」「緑川 純米酒」

ナツ
ナツ

スッキリとした味わいで、とても飲みやすく美味しかったです♡

次に、夕食をご紹介します。

向附(紅葉鯛松皮作り 八海山サーモン昆布〆)
先椀(沢煮汁)
切り飯(松茸飯)
小鉢(〆秋刀魚とかきのもとの酢浸し)

越後湯沢【雪の花】の夕食

焼八寸
(吉次粕味噌漬け 蝦夷鮑肝焼き 八色椎茸酒焼き いちょう丸十 銀杏むかご串打ち はじかみ)

越後湯沢【雪の花】の夕食

越後酒鍋
(新潟県産牛 晒し葱 白菜 えのき茸 豆腐 山葵菜 佐渡若芽 紅心大根 葛切り 白木耳 )

越後湯沢【雪の花】の夕食

自家製香味ポン酢でいただきました。

ナツ
ナツ

「妻有豚付き」の宿泊プランを選んだので、豚肉が付いてきました!

心ばかり
5種類のメニューから1つ選ぶことができます。

越後湯沢【雪の花】の夕食
越後湯沢【雪の花】の夕食

夫は「雪乃花一口タンシチュー」

私は「鱧の天ぷら 藻塩」

を選びました。

ナツ
ナツ

タンはスプーンで簡単に切れるくらい柔らかったです。
鱧もしっとりふわふわで、藻塩との相性も抜群でした☆

〆膳
こちらは4種類から1つ選べます。

越後湯沢【雪の花】の夕食
越後湯沢【雪の花】の夕食

夫「鮭といくらのわっぱ飯」

私「新潟名物タレカツ丼」

ナツ
ナツ

もうお腹いっぱいでしたが、タレカツが美味しくて気づいたら完食していました♡笑

水菓子(無花果ゼリー ベリーソース)
甘味(マロンケーキ)

どのお料理も美味しく、お腹いっぱいになり大満足♡♡

私が食べきれなかった分は、夫のお腹の中へ消えていきました(笑)

ナツ
ナツ

共立リゾートさんは食事の量が多めなので、男の人(大食いの方は除く)が満たされる量だと思います

朝食「和定食」

朝食の場所も、夕食と同じく1Fの 食事処「雪譜庵」 でした。

 朝食時間

7時~9時30分

※最終受付:9時

※混雑時間:8時頃

入口を入ると、まずは飲み物を1つ選びます。

左から、ブラックコーヒー、リンゴジュース、牛乳、ジョア、水

越後湯沢【雪の花】の朝食

朝食は「和定食」です。
席はカウンター席でした。

ナツ
ナツ

主食は、「ご飯」「お粥」どちらか選ぶことができます。
大釜で炊いた魚沼産コシヒカリを食べたかったので、今回はご飯にしました。

ご飯のお供は、「きりざい納豆」「温泉卵」から選ぶことができます。

鍋に用意されていたのは、新潟の郷土料理「のっぺ風みそ汁」でした。

お盆に乗っている箱は、2段になっていて

上段は「厚揚げ、ベーコン、サバ、鮭」

越後湯沢【雪の花】の朝食

こちらは加熱済みですが、用意されている網で温め直して食べることができます。

下段は、お浸しやだし巻き卵などが入っていました。

越後湯沢【雪の花】の朝食

きりざい納豆

越後湯沢【雪の花】の朝食

朝食も美味しく、満足&満腹。

贅沢な朝食でした♡

旅行記まとめ

以上、越後湯沢温泉『湯けむりの宿 雪の花』へ宿泊☆ブログ旅行記│【サービス・お風呂・食事編】でした。

ナツ
ナツ

・綺麗な宿に泊まりたい
・サービスが充実している宿に泊まりたい
・食事が美味しい宿に泊まりたい
・色んなお風呂に入りたい
・プライベート空間でも温泉を満喫したい

という方は、「湯けむりの宿 雪の花」への宿泊を検討してみてはいかがでしょうか?

一人旅、家族旅、女子旅など
旅のスタイルに合わせたお部屋が用意されています♪

最後までご覧いただき、ありがとうございました^^

越後湯沢│関連記事一覧

温泉宿│関連記事一覧

草津

箱根

コメント

タイトルとURLをコピーしました