【佐賀牛切り落とし】を使った「牛ごぼうの甘辛煮」レシピ

お皿に盛り付けた「牛ごぼうの甘辛煮」 レシピ
この記事は約2分で読めます。

こんにちは♪
管理栄養士のナツです。

私は毎年、佐賀県嬉野市に納税し、返礼品として「佐賀牛切り落とし」を頂いています。

使用しているサイトは、ふるさと納税【さとふる】です^^

前回、この佐賀牛の旨味を活かした「肉豆腐」のレシピを紹介しました。

今日は、佐賀牛切り落としを使ったレシピ~第2弾~「牛ごぼうの甘辛煮」をご紹介したいと思います☆

※圧力鍋を使用していますが、普通の鍋でもじっくり煮込めば作れます^^

スポンサーリンク

佐賀牛使用「牛ごぼうの甘辛煮」 レシピ

材料・分量

材料(3人前)分量
牛切り落とし250g
ごぼう1本
こんにゃく1P(100g)
鷹の爪2つまみ
 ★料理酒100ml
 ★顆粒だし小さじ1
 ★生姜チューブ4cm
 ★砂糖大さじ1.5
 ★みりん大さじ1
 ★だし醤油(醤油も可)大さじ3
材料が浸るくらい
・佐賀牛は事前に解凍しておいてください。
・解凍し忘れてしまった場合は、電子レンジで少しずつ解凍する方法でもOKです!

作り方

1.ごぼうは洗い、一口大の乱切り。酢水(分量外)にさらし、アクを抜いておく

2.こんにゃくは、こぶしで叩き、手で一口大へちぎる

こんにゃくを叩いて繊維を壊すことによって、中まで味がしみ込みやすくなります
手でちぎったこんにゃくが入った圧力鍋

3.ごぼうの水を切り、鍋へ入れる

4.牛肉を入れる

5.★の調味料を入れた後、材料が浸るくらいの水を加え、蓋をする。
強火で加熱し(高圧)、シューっと音がしてから弱火にして1分後、火を止める。
圧が抜けるまでそのまま置いておく。

圧力鍋の使い方を詳しく知りたい方は、こちらの↓記事をご覧ください

6.圧が抜けたら蓋を開け、(中~弱火の間の火加減で)煮詰めていく

煮詰める前
煮詰めた後

7.煮詰まったら火を止め、お皿に盛り付ければ完成です☆

お皿に盛り付けた「牛ごぼうの甘辛煮」

一言メモ

以上が
佐賀牛切り落としを使ったレシピ~第2弾~「牛ごぼうの甘辛煮」でした。

佐賀牛の旨味と甘辛い味付けの相性が良く、美味しいので是非お試しください♪

ごぼうとこんにゃくには、腸の調子を整えてくれる食物繊維が豊富なため、便秘解消の効果も期待できるかもしれません^^
※効果には個人差があります

「佐賀牛切り落とし」関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました