【佐賀牛切り落とし】を使った「肉豆腐」レシピ

佐賀牛切り落としを使った「肉豆腐」

毎年、佐賀県嬉野市に納税して、返礼品の「佐賀牛切り落とし」を頂いています。

折角、上質なお肉を食べるなら、お肉のおいしさが分かる調理方法で食べたいですよね?(*^^*)

そこで今回、佐賀牛切り落としを使ったレシピ~第1弾~「肉豆腐」をご紹介します。

管理栄養士ナツ

良質な牛肉と肉豆腐は、相性抜群♡
肉豆腐に近い「すき焼き」でも美味しく食べられます

使用する「牛切り落とし」はこちら

目次

佐賀牛使用「肉豆腐」 レシピ

肉豆腐「材料・分量」

材料(3人前)分量
牛切り落とし250g
焼き豆腐1丁(300g)
ネギ1本
しらたき200g
えのき1株
 ★料理酒150ml
 ★砂糖大さじ2
 ★だし醤油(醤油も可)50ml

・焼き豆腐ではなく「木綿豆腐」でも◎
・佐賀牛は事前に解凍しておいてください。
※解凍し忘れてしまった場合は、電子レンジで少しずつ解凍する方法でも大丈夫です。

肉豆腐「作り方」

1.えのきは下の硬い部分を切り落とし、半分に切ってほぐしておく

2.ネギは約1cmに斜め切り

1cm斜め切りネギ

3.しらたきは一度ザルにあけ、約5cmにざく切り
※キッチンバサミでも可

ザルにあけたしらたき

4.焼き豆腐は12等分へカット

12等分にカットした焼き豆腐
カットした肉豆腐の食材

5.材料が準備できたら
次にフライパンへ★の調味料を入れ加熱(沸騰するまでは中火)

調味料を加熱しているフライパン

6.沸騰したら牛肉を入れ、かき混ぜながら火を通す

佐賀牛と加熱した調味料が入ったフライパン

7.火が通ったら一度お皿へ取り出し、そのほかの具材をフライパンへ入れる

管理栄養士ナツ

お肉は、そのまま一緒に煮てしまうと硬くなってしまうので一度取り出します

お肉の旨味が出た煮汁で、他の具材を煮ていきましょう

煮込んだ牛肉が入ったお皿と肉豆腐の具材が入ったフライパン

8.蓋をして弱火のまま15~20分程煮込む

蓋をして煮込んでいる肉豆腐

9.蓋を開け、「しらたき、えのき」は全体に味がなじむように混ぜておく。

煮込まれた肉豆腐の具材

10.先ほど取り出した牛肉を隙間を開けて入れ、温める。
冷凍ほうれん草を電子レンジで温める。

煮込まれた肉豆腐の具材(牛肉を含む)

11.お皿に盛り付け、真ん中にほうれん草をトッピングしたら完成です

佐賀牛切り落としを使った「肉豆腐」

【佐賀牛切り落とし】を使った「肉豆腐」レシピ│一言メモ

このレシピは、水を一切使わずに食材から出る水分のみで調理しています。

管理栄養士ナツ

水を入れないことで味が薄まらず、素材の美味しさがギュッと凝縮されて美味しくなりますよ♡

「9.」の工程のときに味見をして、塩味が足りない場合はお好みで「塩」を足してみてください。

肉豆腐にして食べると、良質な牛肉の旨味を楽しむことができてお勧めなので是非作ってみてくださいね♪

使用した「佐賀牛切り落とし」はこちら

佐賀牛切り落とし│関連記事

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる