【口コミ】シャープ除加湿空気清浄機「KI-LD50」運転音・電気代は?評判まとめ

シャープの除加湿空気清浄機(KI-LD50)本体 商品レビュー
この記事は約10分で読めます。

梅雨~夏は湿気が気になり、冬は乾燥が気になる!空気清浄機も欲しい!!

ということで色々と調べた結果、
1台で除湿・加湿・空気清浄・衣類乾燥の4役をこなす

「シャープ除加湿空気清浄機 KI-LD50」

を購入しました。

ナツ
ナツ

本記事では、シャープ除加湿空気清浄機(KI-LD50)を使ってみた「感想・商品情報・音や電気代・他社製品との比較・口コミなど」をご紹介していきたいと思います

 本記事の内容

・商品情報
・特徴
・購入場所と価格
・運転音
・電気代、他社製品との比較
・「除湿トレー」は何時間で満水に?
・「除湿」はされる?→1時間除湿した結果
・みんなの口コミ

\商品を見てみる/
スポンサーリンク

シャープ除加湿空気清浄機(KI-LD50)の「商品情報」

まず初めに、シャープ除加湿空気清浄機(KI-LD50)の商品情報を簡単にですが説明します。

サイズ・重さ・コードの長さ

サイズ:35×28.5×65.6(cm)
重さ:13kg
電源コードの長さ:1.8m
ナツ
ナツ

少し重いですが、女性でも持ち上げられます

スペック・仕様

 除湿空気清浄加湿空気清浄/空気清浄
空気清浄適用床面積(目安)~19畳(31m2)~21畳(35m2)
除湿・加湿適用床面積(風量「強」での目安)(50 / 60Hz)コンクリート住宅~13畳 / 14畳(21m2 / 23m2)
木造住宅~6畳 / 7畳(10m2 / 11m2)
プレハブ洋室~11畳(18m2)
木造和室~7畳(11m2)
風量切換強・中・弱強・中・弱
消費電力(W)強:200 / 210
中:175 / 185
弱:175 / 185
強:68
中:15
弱:4.6
加湿量(mL/h)(ー)強:400
中:220
弱:100
除湿能力(L/日)強:5.0 / 5.6
中:5.0 / 5.6
弱:4.5 / 5.0
(ー)
トレー容量(L)約2.0約2.0
除湿・加湿方式コンプレッサー方式気化方式

「運転音・電気代について」は後ほどお話しますね^^

その他仕様

【その他仕様】 
プラズマ₋クラスター適用床面積(目安)約10畳(約17m2)
対応センサー臭い・温度・湿度
フィルター集じん・脱臭一体型
(交換目安:2年)
PM2.5対応
チャイルドロック対応
おやすみ運転

操作部

操作部は、上面に全てまとまっています。

シンプルなので、操作はしやすいかと!

左の現在湿度(目安)は、現在の部屋の湿度を1%刻みで表示してくれます。

ナツ
ナツ

チャイルドロック機能も付いているので、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使えますね♪

きれいモニター

「きれいモニター」はニオイセンサーによって、部屋の空気の汚れ度を色で知らせてくれる機能。

【汚れている】赤→橙→黄色→水色【きれい】

と色分けされているため、空気の汚れ具合が一目で分かります。

シャープ除加湿空気清浄機(KI-LD50)の「特徴」

高濃度プラズマクラスター25000搭載

「プラズマクラスター」とは、自然界に存在するのと同じイオンになります。

効果としては、菌やウイルスの(タンパク質を切断して)分解・除去。

また嫌なニオイ成分・付着したニオイを分解・除去して、気にならないレベルまで消臭。

他にも
「静電気を抑え、花粉などの微小な粒子の付着を抑制する効果」
「アレル物質の作用抑制効果」
「お肌にツヤを与える効果」
があります。

ナツ
ナツ

プラズマクラスターのおかげで、空気が浄化されて快適に過ごすことができるんですね♪

集じん・脱臭一体型フィルター

「集じん機能」と「脱臭機能」を1つのフィルターにまとめ、お手入れや交換が簡単にできるようになっています。

※2年間交換不要

フィルターはネットで購入が可能です↓

「コンパクト設計」&「キャスター付き」

KI-LD50は“業界最小サイズ”になります(2021年7月現在)

もちろん存在感はありますが、1LDKの我が家でも他製品より場所を取らず置きやすいです。

また、横移動のみですが「キャスター付き」なので、移動もしやすく掃除時のストレスもありません。

除湿・加湿一体型トレー

コンパクトサイズを実現するため、上段が「加湿」・下段が「除湿」の『除湿・加湿一体型トレー』になっています。

上下のトレーは取り外し可能なので、お手入れも簡単そうでした。

加湿はペットボトルなどで給水しやすそうですよね(*´ω`*)♡

それぞれ水位窓もついていました↓

使い捨てプレフィルター付

商品を購入した際、使い捨てプレフィルター(3枚)とマジックテープが同梱されていました。

ナツ
ナツ

裏のパネルに貼り付ければ、パネル掃除の回数を減らすことができるそうなので、早速貼ってみました

掃除の手間が少しでも省けるのはありがたいですよね!!

ちなみに、使い捨てのフィルターもネットでも購入が可能です↓

シャープ除加湿空気清浄機(KI-LD50)「購入場所・価格」

次に購入場所と価格についてです。

amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングで価格を比較した結果、丁度キャンペーンをやっていた「Yahoo!ショッピング」が最安値だったのでこちらで購入。

発売当初は約7万円だったのですが【最新版KI-ND50】が2021年4月に発売したため、KI-LD50は“型落ち品”となり約4万円で安く購入することができました♪

どうして最新版を買わなかったの??

ナツ
ナツ

最新版は「スペック・サイズ・色など」全て同じだったので、純粋に価格の差で約1万円安かった「20年モデル」を選びました。

【20年モデル(購入品)】

【最新版21年モデル】

シャープ除加湿空気清浄機(KI-LD50)「音はうるさい?」

説明書には運転音を“dB”で表記しています↓

 除湿空気清浄加湿空気清浄 / 空気清浄
運転音(dB)強:51
中:43
弱:38
強:54
中:40
弱:23
【音の感じ方の目安】
・30dB → 深夜の郊外、ささやき声
・40dB → 図書館
・50dB → エアコンの室外機
・60dB → 人の話し声
ナツ
ナツ

実際に“除湿空気清浄(風量「自動」)”を使ってみた結果、テレビの側で運転をするとテレビの音が聞こえにくくなりました

風量「自動」は個人的な感覚ですが、弱と中の間くらいの運転音です。

「空気清浄」のみの使用は、風量「弱」はとても静かで「中」も特に気になりません。

「強」での運転は、結構な音でした!

さすが54dB!笑

普段は「風量自動」で運転をしていますが、テレビの音をしっかり聞きたいときは「弱」にして使うなどしています。

シャープ除加湿空気清浄機(KI-LD50)「電気代は?」「他製品との電気代比較」

電気代について

電気代は説明書にはこのように表記されていました↓

 除湿空気清浄加湿空気清浄 / 空気清浄
1時間あたりの
電気代(円)(50 / 60Hz)
強:約5.4 / 5.7
中:約4.7 / 5.0
弱:約4.7 / 5.0
強:約1.8
中:約0.41
弱:約0.12

除湿空気清浄(風量「強」)での運転を、1日24時間で1ヶ月間続けると…

5.7円×24時間×30日=4,104円/月

加湿空気清浄・空気清浄(風量「強」)での運転を1日24時間で1ヶ月間続けると…

1.8円×24時間×30日=1,296円/月

ということになります。

他社製品との電気代比較

シャープ製品の他に、私が個人的に気になっていたダイキンの除加湿空気清浄機”と比較すると…

「除湿空気清浄の電気代」は同じくらいでした。

「加湿空気清浄」
ダイキンの方が0.9円/日と、シャープと比べ1/2の電気代で済みます。

ですが、長い目で見て本体価格を含め比較するとシャープの「KI-LD50」の方がトータルコスト的には安く済む結果に↓

【冬場の6か月間、加湿空気清浄を運転×10年】使用したと仮定したときの電気代
※10年→空気清浄機の平均寿命

【シャープ(KI-LD50)】
(1.8円×24時間×180日)×10年=77,760円

【ダイキン(MCZ70X)】
(0.9円×24時間×180日)×10年=38,880円

(ダイキン本体 約100,000円+加湿電気代38,880円)ー(シャープ本体 約40,000円+加湿電気代77,760円)=21,120円

つまり「本体+加湿の電気代」で比較をすると、シャープの方が約2万円安いことになります。

※除湿の電気代は同じくらいだったため、上記計算には含めておりません。

シャープ除加湿空気清浄機(KI-LD50)

「除湿トレーは何時間で満水に?」

「どれくらいの時間で除湿トレーが満水になるのか?」を計算してみました。

除湿能力5.6L/日(風量「中or強」で運転時)では、5.6L÷24時間=約0.23L 。

つまり、1時間で約0.23Lの水が溜まります。

ナツ
ナツ

トレーの容量が2Lなので、約9時間(2L÷0.23L)で満水になるということですね

実際に除湿をして時間を計ってみたところ、約9時間半でした。

「除湿はされている?」→1時間除湿した結果

除湿はちゃんとされるのかな??と疑問に思う方もいるかと思うので、実際に1時間運転したら湿度は下がったのか??をご報告します^^

【除湿前の状態】
・部屋 → 11畳
・湿度 → 71%

湿度が高く、ベタつきがありました。

ここから1時間「除湿空気清浄」を運転(風量「中」)した結果…

湿度が「62%」になりました。

つまり、“9%の除湿”に成功です!

9%も下がると、べたつきも減り快適に♪

夫もベタベタ感が減って喜んでおります(笑)

※除湿を使うと、構造上温風がでるので部屋が多少ですが温まります

シャープ除加湿空気清浄機(KI-LD50)の「口コミ」まとめ

ナツ
ナツ

購入者さんたちの「悪い口コミ」と「良い口コミ」をまとめてみました

悪い口コミ

・除湿機能の時はルーバーがスウィング出来ない(衣類乾燥時のみ可能)のは想定外で、高さがあるウォークインクローゼット内の除湿をするときには不便かな。

・加湿に関してはやはり除加湿が両方ついている反面同じサイズ感にしては加湿効果が低いため、水の入れ替えなどが不満はややある。

・除湿は2Lの容量はあるものの、我が家では満水になるのに1日かからず、ひどい時は半日程度で満水。一体化され便利かと思っていたが、こう頻繁に満水になるのなら除湿機は別にした方が良かったかなという僅かに後悔している。

・音は若干気になる。昼寝の邪魔になる。でも許容範囲。

・個人的に1つ難点だったのは加湿トレーに水が入っていると衣類乾燥運転ができないこと。
加湿トレーに残った水を捨てる必要がある。

・加湿・除湿・また空気清浄(中~強)時は少し大きい。
ただ、寝る時に使用でもしない限りは生活音の範囲内だと思うので、大きく不満に感じる事はない。

価格ドットコムより

良い口コミ


・パナやダイキンは10万超える事考えれば、かなり買いだと思う。

・サイズは、空気清浄機と除湿器と加湿器がまとまったので最高。シーズンごとに出し入れしなくても良い点も楽。縦に大きいだけなので邪魔にはならない。

・キャスター付きで楽に移動もできる。

・徐加湿ついてこの大きさならかなりいいと思う。

・加湿は、銀イオンのカートリッジがついているのが良い。

・加湿時、ペットボトルなどの容器から直接注ぐこともでき、洗面所や台所などでも給水しやすく、お手入れもしやすい。

・衣類乾燥時の風量(シャチのようなデカい口から発生)はかなり凄いので、これは期待以上。

・インディケーターで汚染度合いが分かるのは良い。

・プラズマクラスターが大量に出ているという安心感がある。

・心地よい騒音を発生させて集中したいときにも使える。

・除湿はコンプレッサーがうるさいという方もいるが、本体の重量感があり、それなりに静かな方だと思う。

・普段は空気清浄機能の「自動」モードで使用していて、寝るときに「おやすみ」モードに切り替えて使用。以前使用していたシャープの空気清浄機は「チチチチ…」というプラズマクラスター特有の音が聞こえていたのですが当機種はその音があまり感じられず、また動作音も特に気にならず快適に使用できている。

・あれこれ迷って中途半端な製品を買うよりは取りあえずの1台にオススメ。

価格ドットコムより

口コミ総評

運転音は若干気になるけど、許容範囲な方が多いようですね!

「除加湿機能・衣類乾燥・空気清浄」の機能面に関しても不満点はあまりありませんでした。

他社製品よりコンパクトなため
どうしても除加湿トレーが小さいく、水を捨てる頻度や給水の頻度が多いという意見もありましたが、個人的には気にならなかったです。

除湿しかまだ使っていませんが(^▽^;)

まとめ

以上、“【口コミ】シャープ除加湿空気清浄機「KI-LD50」運転音・電気代は?評判まとめ”でした。

「除湿・加湿・空気清浄・衣類乾燥」をそれぞれ買うと収納場所に困るので、1台で4役もこなしてくれるシャープの除加湿空気清浄機は、買って正解な商品でした♡

他社選品と比べて価格も安く、コンパクト設計なため11畳のリビングキッチンに置いてもそこまで邪魔にならず、機能面も大満足♪

「プラズマクラスター」が新型コロナウイルスの抑制に効果があるという実験結果も発表されているので、コロナ対策にもオススメです。

ナツ
ナツ

除湿・加湿・空気清浄・衣類乾燥したい!という方は、検討してみてはいかがでしょう?

\商品を見てみる/

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました