【簡単】カレールーで作る「キーマカレー」レシピ。キーマカレーとドライカレーの違いについても解説

青いお皿によそわれたキーマカレー レシピ
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!
管理栄養士のナツです。

今回は、カレールーで作る「キーマカレーレシピをご紹介☆

折角なので
キーマカレーとドライカレーの違いについても解説♪

皆さんにもキーマとドライカレーの違いを知っていただいて、その後で「簡単に作れるキーマカレーのレシピ」をご紹介していきたいと思います。

興味がある方はよかったらご覧ください♡

※ 早くレシピが知りたい!!という方は、「目次」の見たい項目をクリックすると飛べます(^^)

スポンサーリンク

キーマカレーとドライカレーは何が違うの??

キーマカレードライカレーといった、似た雰囲気のカレーがあるのは皆さんご存じかとは思いますが、違いが分かる方は少ないのではないでしょうか??

結論として、

・「水分量」
・「使用する具材」の違い

が見分けるポイントとなるそうです!

私は大学で勉強をするまで、この違いを知りませんでした・・・(>_<)

ドライカレーとは

「ドライ」=「乾燥」という意味なので、汁気が少ないカレーのことを指します。

また、ドライカレーは、インドから来たカレーが日本独自で変化をとげたものになり、

●みじん切りにした野菜と米を、炒めたり炊いたりして、カレー粉等で味付けをした料理。いわゆる、カレー風味のチャーハンやピラフ
(ひき肉を使わない場合もあります)

●ひき肉を使い、水分を煮詰めて汁気を飛ばしたカレーを、ご飯の上にかけたキーマカレーに近い料理

のことを言います。

使う材料に特に決まりがないため、ひき肉が使われない場合もあるそうです。

キーマカレーとは

一方、「キーマカレー」は、ひき肉を使ったカレーのことを指します。

ヒンドゥー語で、「キーマ」=「ひき肉」。

つまり、「キーマカレー」=「ひき肉を使ったカレー」という意味になるので、特に調理方法に決まりはありません

キーマカレーは、ひき肉入りで、様々なタイプのカレーがある。ということになりますね!

スポンサーリンク

キーマカレー レシピ

ここでは、カレールーを使ったキーマカレーのレシピをご紹介したいと思います☆

材料・分量

材料(4人前)分量
ごはんお好みの量
たまねぎ中1個
にんじん中1本
牛豚合いびき肉400g
少々
こしょう少々
 ★トマト缶1缶(400g)
 ★生姜チューブ5cm
 ★にんにくチューブ5cm
 ★マギーブイヨン
 (コンソメ固形も顆粒も可)
1個
 ★だし醤油
 (醤油も可)
大さじ1
 ★はちみつ小さじ2
 ★ローリエ1枚
カレールー4カケ
ガラムマサラお好みで
(小さじ1)

ガラムマサラは、入れなくても大丈夫です♪

作り方

1.たまねぎ、にんじんをみじん切りにして、鍋または深めのフライパンへ入れる
(今回は「深めのフライパン」を使用しています。)

手動のフードプロセッサーを使う場合、特ににんじんは小さめにカットして入れると回しやすいです。

2.ひき肉もフライパンへ入れる

3.中火で炒め、塩、こしょうで下味をつける

4.★の調味料を入れ、蓋をして10分ほど煮込む

5.ローリエを取り除き、カレールーを入れ、溶けるまで混ぜる。
蓋をして、さらに10分煮込む。

6.お好みで、ガラムマサラを入れると、スパイシーなキーマカレーの完成です。

一言メモ

温泉卵を乗せて、ドライパセリを振りかけると、おしゃれな“カフェ風”のキーマカレーになりますよ(^_-)-☆

最後に

ドライカレーとキーマカレーの違いについて、ご理解いただけたでしょうか??

見分けるポイントは

・「水分量」
・「使用する具材」の違い

ということだけでも覚えていただけたら嬉しいです♪

キーマカレーは特に調理方法が決まっていないので、今回お伝えしたものは、複数ある作り方の中の1つとしてご紹介しました。

是非、作ってみてください(^^)/

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました